白髪染めをセルフで楽しもう!パッチテストで肌トラブル回避

白髪染めとおしゃれ染めの違いは?では、巷で噂の白髪染めの選び方の注目すべき点やコツを他より納得いくまで紹介全うしているWEBページとなります。白髪染めが初めての皆さんであっても気軽に手に入れる事ができるようになります。 - 白髪染めをセルフで楽しもう!パッチテストで肌トラブル回避

白髪染めをセルフで楽しもう!パッチテストで肌トラブル回避

白髪染めを美容室に行かずにセルフカラーでしてみたい方は必見です!市販のカラー剤で白髪染めを行なう場合に、使用前に必要なパッチテストの必要性とそのやり方についてお伝えします。
使用前に

パッチテストは必要?

セルフカラー用の白髪染めのお薬は、薬局で簡単に手に入り、誰でも使用ができますが、化学物質を配合した薬剤です。万が一肌に合わない薬剤を頭全体に塗布しては、頭皮に湿疹やかぶれが出来てしまう事もあります。でも、正しい使用法で行えば、手軽に家で白髪染めが楽しめますので、後で肌トラブルを引き起こさない為に、使用前にまずパッチテストを行う事をお勧めします。

パッチテストのやり方

まず、カラー剤を少量準備します。2つの薬剤を混ぜて使うタイプは、少量を混ぜた液を作って使用します。
次に、準備した少量のカラー剤を腕の内側に100円玉程の大きさに塗布します。暗い色程目立ちますので、目立たない所に塗布しましょう。
それから、塗布した部分に上からラップをして5?10分程待ちます。この間に痛みを伴う場合は、石鹸で洗い流して使用するのを止めましょう。
最後に、綺麗に洗い流して湿疹や腫れ等が出ていないか確認して終了です。
皮膚アレルギー試験(パッチテスト)の手順 | 日本ヘアカラー工業会
セルフカラーで白髪染めを楽しむ為に不可欠なパッチテスト
さて、パッチテストを無事終えたら、いよいよセルフカラーを楽しんで下さい。同じカラー剤を使用する場合は、毎回する必要はありませんが、違うカラー剤を使う時には同様にパッチテストを行なう事をお勧めします。少し面倒かもしれませんが、頭皮やお顔周り、首等の肌トラブルを避ける為には、パッチテストをしっかり行いましょう。

白髪染め おしゃれ染め 違い TOPへ

ページ上に戻る